耳が聞こえない6面さんのサイコロ日記。

「聴覚障害」を持ちながら大好きなDa-iCEを追いかける人間の日記。

02.「聴覚障害」を持っているということ。

どうも、こんばんは。

はるかめんです。

深夜の更新ごめんなさい。

春休み真っ最中です。(※学生です。)

 

今回は「聴覚障害」について書きます。

多少シリアスですがお許しください。

 

私は生まれつき耳が聞こえなくなりました。

「感音性難聴」という病気で

まったく聞こえない状態です。

 

幼稚部時代は聾学校はもちろん。

健聴の幼稚園、保育園にも通っていました。

あの時から音楽が好きだった記憶があります。

それが今の私に繋がっている可能性も

ありえますね。おそらく。

 

小学部~高等部は

迷わず、地元の聾学校に進学しました。

苦労したくない人なんで。笑

 

しかし...高等部卒業後

どうするかの話なんですよね。

高等部に入ったころは...

聴覚障害」というハンディを捨てて、

健聴の大学か専門学校に進学しようと

考えていました。

 

しかし、高1の担任の勧めで

私はとある県の聾学校に見学しに行きました。

同じ聾学校なのに...

地元の聾学校とは全く違う環境で。

私はそこで学びたいと思い始めました。

その後頑張って勉強して。

見事、推薦で受かって今通ってる訳です。

 

関東に来てからは学業と両立しながら

ヲタ活をするようになりました。

 

ところで。

聴覚障害」を持っても音楽が好きな人は

意外とこう見えて多いんです。

しかし、私みたいな

男性ダンスボーカルグループを

こんなに追いかける聴覚障害者って

なかなかいないと思うんですよ。笑

自分で言うのはあれですが。

 

だからなのか、

まだまだ否定的な意見を

持っている人もいるんです。

「アイドルを追いかけるのが楽しいなら

学校に行く意味なんてあるのか」

的なことを言われた事もありました。

正直、傷つきました。

 

でも。

聴覚障害」というハンディを抱えながら

とことん好きなことをやるって

素敵だと私は思います。

たとえ他人からつべこべ言われても

自分を貫く人間って凄いじゃないですか。

それと同じだと思うんです。

 

聴覚障害」を持っているから無理だ。

そう言って諦めたくないんです。

簡単には終わらせたくないんです。

聴覚障害」を持っているからこそ

大好きな音楽を追いかけたいんです。

 

駄文で申し訳ないです。

これが私の言いたいことです。

最後まで読んでいただいた方。

本当にありがとうございました。

 

次は現場の振り返りでもしようかな。

 

では、今回はこの辺で。

 

はるかめん。